スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国宝ゲイリー・ムーア先生の巻

2009年09月23日

あーなんか最近更新してないぃぃぃぃ
Twitter始めてから余計に気力が・・・w

グラディウスVの255周スーパープレイみてたら無性にやりたくなってきたんだけど
無理なんだろうなぁ(´・ω・`)
反射神経って何?おいしいの?

一応こうみえてもヘタレシューターなんだぜ!
でも横スクロール専門ですが何か?

たまたま見つけた久々に熱くなる演奏!


「楽器虐待」タグに吹いたw
しかしこの曲が生で弾けるとは思わなんだ←
原曲に忠実でたいへんよろしい!




でもって久々に私の愛した男達のコーナー ←←←


いきなり大本命w
人間国宝名高いゲイリー・ムーアです。

自分の中では表現力においては他の追従を許さない孤高のギタリストだと思ってます。
チョーキングのロングトーン1音で泣きます。
こんなの他には居ませんハイ。

音色、タイム感、ピッチコントロール、全てにおいて唯一無二の存在ですね。
さらに歌が!声が!たまらんっのですっ(´;ω;`)
ま、見た目は置いといt

この人の曲はホント捨て曲ありません。
全てが素晴らしい!
いろんな人がカバーしているのを見れば一目瞭然ですね。

音楽のスタイルが時代によってかなり変わっているのも特徴で
元はハードロックなんですけどブルースに転向したり、
意味のわからないダンスミュージックみたいなのに行ったり(´・ω・`)
でもスタイルは違えどゲイリー節は健在で、私はどの部分を切り取っても愛せます←

ギタープレイ的には、ブルース基調の泣きのフレーズで
時には激しく、時には絹のような繊細さで、テクニック云々なんて語るのもナンセンスです。
いや、ヘタウマとかではなく凄い次元の技なんで、おいそれと真似できません。

まあ、あれです。
これらをひっくるめて分かりやすくすり潰して噛み砕いて解きほぐして一言で言っちゃうと
松本たかひr・・・おっと誰かきたようだ



もう、始めの3秒で昇天しますw




見た目はおいておいt
これまた国宝級の美声、故フィル・ライノットとの素晴らしいテイク
神達の宴による神曲『パリの散歩道』です
2分30秒あたりからのアレはお決まりなんですw





うん、これまたキリがないので今回はここまで。
語りだすと止まらないうえ、まだまだ素晴らしい曲たくさんありますのでまたの機会に・・・

スポンサーサイト

あついですllllll(-ω-;)llllll

2009年08月01日

なんか久々です
すいませんっ><

とりあえずギターの練習と曲作りやってたら時間なんてあっという間に過ぎてるという・・・
曲作りに関しては諸々事情がありまして、ほぼ完成してるんだけど
まだ上げられない曲とかあって・・・これまたすいません orz

でもってそろそろ以前に歌詞募集したルカの曲が出来そうなのでフラグ立てときます←
タイトルは「LOVE is Cocktail」です

もうかなり前からやってますけど
なかなか完成しないで流れにながれておりました
ちょっと曲の完成度に疑問を感じて「ちょっと置いてから見直してみよう」ということで
寝かしておいた期間が長かったもので・・・orz
晴れて今、着々と音を重ねていって良い感じになっております
時間を掛けた分、みなさんの期待を裏切らない出来にはしてるつもりです
あと少しなのでもうちょっと待っててくださいね><



そそ、曲の使用報告を頂いたので観にいってみたら
めちゃ可愛かったので紹介します

ちゃんとイメージを継承してくれていて俺歓喜\(^o^)/
良いと思いますー
なんか冬が懐かしいな・・・





さて、今日のギタリスト紹介は(なんか恒例w





王者イングヴェイ・マルムスティーン!
もう何も言う事ありませんw
とにかく聴けばわかるこの強烈な個性
映像は2002年の武道館のビデオだと思います
これテープが擦り切れるぐらい何度もみたなぁ・・・
一番脂が乗ってた時期じゃないですかねー
メタボ的にもwww

ロックとか全然興味ない友人数人に聴かせたら
全員ハマッたというw
この人は曲も聴きやすくていいんですけど
間奏が楽しすぎてたまらないwww

クラシックとロックの融合!
強烈なパフォーマンス!
完全独走俺様主義!

とまあ、色々言われてる王者ですが
日本人好みの哀愁メロにバロックのコード進行
そしてドラマティックな展開と、
聴き手を飽きさせない緻密に計算された曲構成は素晴らしいの一言に尽きると思います
インギーといえばあの凄まじいギタープレイに目が行きがちですが
私は彼のソングライティングに感銘を受けました

フルオーケストラとエレクトリックギターで共演とか、
やりだしたのは彼が最初だったと思います

いろんな意味でロックとギターの歴史を塗り替えた彼こそ
ギターヒーローの名に相応しい存在だと思います
王者バンザイ!ヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノ

セヴンス・サインセヴンス・サイン
(1994/02/18)
イングヴェイ・マルムスティーン

商品詳細を見る

マニアックデスネ

2009年07月22日

とりあえずギターは毎日触るように・・・
ということで練習してます
でも弾いてると面白いリフとか出てきたりして作曲モードに入っちゃうんだよねw
そういうのはとりあえず軽く録音して置いといて
とにかく弾きまくる!

弾きながら自分のクセみたいなのを認識しつつ・・・
これはTAKだよねーとか
こういうのはジェフベックだよねとか思い出しながらw

というわけで不定期で
多かれ少なかれ影響を受けた人を紹介していくのも面白いかなと思ってやってみます

マニアックな話題になるのでスルー推奨です←



まずは大御所
ジミー頁 ←IMEが勝手に(ry
もといジミー・ペイジさんです

ロック好きな人にはおなじみ過ぎて
多分私より詳しい人の方がゴロゴロ居ると思うのであえて言及しません
とりあえず思うことは
これだけ大御所で名曲や名フレーズを沢山残してるのに
ギターが上手くならない人も珍しいのではないかとwwwwwwwwwwwwww
まぁ、このひとの場合そういうのを超越してますけどね
 
じゃ、一曲貼ります
あえてコレです!
微妙なヘタウマ加減で体がウズウズしますw
しかしカヴァーディルの歌声は素晴らしい!
このおっさんこの時で40代半ばだと思うんだけどすげい声!


■音量注意!


そいえばこの曲B'zのどれかで聴いたような(ry


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。